【面接前に読む記事】ガールズバー面接攻略!必要な持ち物リストも

ガールズバーの面接を攻略

ガールズバーで働くときに絶対に通らないといけない道があります。『面接』です!

「ちゃんとお仕事できるかな〜」と悩む前に、面接を攻略しないと、そんな悩みも意味がありませんよね。

これさえ知っておけば大丈夫!な面接対策を解説するので、一発合格を目指してしっかりと準備しておきましょう!

必要な持ち物

ガールズバーの面接で忘れちゃいけない物を覚えておいてください!

  • 身分証明書(顔写真付き)
  • 筆記具
  • 携帯電話
  • ハンカチorハンドタオル
  • バッグやポーチ
  • メイク道具

何かあったときに対応できるように、という部分も含めて、できるだけ用意しておきたい物も書いておきました!

絶対に必要なのは顔写真付きの身分証明書ですね。18歳未満や高校生の女の子を働かせてはいけない決まりがあるので、年齢確認のために必要になってきます。

運転免許証やパスポートやマイナンバーカードなど大丈夫ですよ。学生証でもOKとしているお店もありますが、念のために保険証なども持っていくといいでしょう。

携帯やスマホはさすがに忘れないと思いますが、道に迷ったりしたときに便利ですよね。

筆記具は、主にメモ用です。面接の時に言われたことなどを忘れないように書いておいてください。

ハンカチやハンドタオル、メイク道具などは、面接の後に体験入店をする場合に使います。体験入店がなくても、こういうものを持っているだけで印象が良くなるし、面接前にトイレに行ったりメイク直しをする時にも使えますよ。

ほとんどのお店では履歴書不要となっていますけど、応募の時に一応お店の人に聞いてみてくださいね。

どんなことを聞かれる?

面接の時に聞かれる質問は、だいたい決まってます。

  • 「ガールズバーやキャバクラで働いた経験はありますか?」
  • 「週にどのくらい勤務できますか?」
  • 「何時から何時までお仕事できますか?」
  • 「お酒は好きですか?どんな種類のお酒をよく飲みますか?」
  • 「なぜガールズバー(このお店)を選んだんですか?」
  • 「お給料はどんなことに使おうと思ってますか?」
  • 「家族はこういうお店で働きたいということを知ってますか?」

こんな感じですね。

質問に答える時のポイントは、嘘をつかないことです!嘘はバレるし、バレたらめちゃくちゃ面倒な上に圧倒的不利になるので、正直に答えるようにしてください!

ちょっとだけなら盛ってもいいのは、シフトに関する質問です。週に1日しか出られないとなると、さすがに採用されにくくなってしまいます。最低でも週に3日、1日4時間くらいは出られると答えておきましょう!

お酒は飲めなくても大丈夫!ガールズバーは10代の女の子でも働けますから。でも、お酒が苦手でも、「興味はあります」、「これからお勉強していきたいです」みたいな前向きな答え方をした方がいいですね。

お店によってはトリッキーな質問をしてくることもありますけど、ポジティブに答えてればOK!

ガールズバーの面接は基本ゆるい雰囲気で行われるので、あまり緊張しすぎないで大丈夫ですよ!

愛想よく振る舞うのが面接通過のコツ

ガールズバーは接客業です。面接をするお店の人は、「接客業に向いてるかどうか」を判断しています。

面接に合格するためには、このポイントを意識することが大切ですよ!

面接通過のために大事なコツを具体的に紹介すると、

  • 愛想を良くすること
  • 曖昧な答えではなく、ハッキリと答えること
  • 嘘をつかないこと
  • 身だしなみを整えておくこと
  • 相手の目を見て話すこと
  • できるだけ正しい日本語と敬語を使うこと
  • 愚痴や悪口などネガティブな表現を使わないこと
  • 挨拶を忘れないこと

などですね。

ちょっと多く感じるかもしれないですけど、ちゃんと会話ができる人なら大丈夫なはずです。

とにかく笑顔で明るく話すことを心がけましょう!愛想が良いだけでも全然印象が変わってきますよ。

お客さんも女の子の笑顔を見るためにガールズバーに通っているので、面接官もそこをかなり重点的にチェックしています。その上で、敬語が使えてポジティブな表現が多い女の子だったら、間違いなく採用されるはず!

顔の作りよりも、その女の子の雰囲気や明るさや態度が大事だってことは、私も30軒のガールズバーを回ってみてよくわかりました。

そこを意識することで、確実に面接に合格できるようになりますよ!

面接の後の「体験入店」って何?

「面接の後に体験入店する場合は、メイク道具などを忘れずに!」みたいに言いましたけど、そもそも「面接直後にあるかもしれない体験入店ってなんなの?」って感じですよね。

キャバクラでは当たり前のシステムなんだけど、お店に正式に所属する前に一度お店で働いてみて、雰囲気や客層やお仕事内容などを確認してもOKですよ!っていうのが体験入店という仕組みです。略して「体入」っていうので、これも合わせて覚えておきましょう!

部活で言うところの、仮入部みたいなものです。いろんな部活に顔出して先輩の雰囲気とか練習とか見て、「よし、この部活に入ろう!」って決めたりするじゃないですか。あれのガールズバーバージョンってこと。

体入OKのガールズバーが増えてきてるので、できるだけたくさんのお店で体験入店してから正式に所属する店舗を決めた方がいいですよ。

体入でもお給料はちゃんと出ますから、やってみて損することはありません!

もし働いてみて、「なんか違う」と思ったら、別のお店を選び直しても大丈夫です。これも体入の良いところ!

“即日体入OK”とか求人に書いてあるところは、面接のあとですぐに体入することができますよ。「早く働くお店を決めたい!」という女の子は、即日体入させてくれるお店を選びましょう。

 

ガールズバーの面接の持ち物から体験入店までの流れがなんとなく分かってもらえたかと思います!

他のページでガールズバーでの収入についてまとめたので、ぜひこちらもちぇっくしてみてください♪

実際に働くってなったらお金の問題って大事ですよね。少しでも参考になればと思います!

  • 【ガールズバーと比較】ガールズバーに似てるおすすめの仕事まとめ
  • あなたに合ったお店が見つかる?個性的なガールズバーを紹介
  • 【面接前に読む記事】ガールズバー面接攻略!必要な持ち物リストも
  • ガールズバーで働くならここを見よう!おすすめ専門求人サイト3選